関わり方次第で“絶好のチャンス”にも“最悪のピンチ”にもなるフィンテックと賢く付き合う3つの方法

Pocket

『なぜこのセミナーに参加したんですか?』と聞くと、

毎回必ずいるのが

『フィンテックって、まだよくわからないから

とりあえず勉強しに来ました』って人。

 

得体の知れないものでも

「まずは知る」ために

行動する姿勢は、素晴らしいですね!

 

ただ、

 

実はこれって

非常に危険なんです。

 

よくあるのが、

結局、何していいかわからないから

勉強して終わっちゃってるパターン。

 

せっかく時間もお金も使って勉強して

しかも関わり方次第で、

将来は勝ち組に入れるかもしれない分野なのに

ものすごくもったいなくないですか?

 

今回は

これからフィンテックを勉強する人が

知ったことをちゃんと活かせるように

 

フィンテックと賢く付き合うための

方法を3つお伝えしておきますね。

 

①まだ世の中にない新たなシステムやサービスを開発する

フィンテックを代表する技術として

・ブロックチェーン

・スマートコントラクト

といわれるものが注目されています。

 

この技術を使うと

将来、あなたの仕事が

ホントにこの世から消えてなくなる可能性だってあります。

 

そうなる前に、

この技術をいち早く取り入れ、

新しいシステムやサービスを開発すれば

市場を独占できるかもしれません。

 

両極端ですが、

「技術」を活用する方面が1つめの関わり方です。

 

②今あるフィンテック関連ビジネスに参入する

まだ世の中にない

“新しいもの”を提供していくのは

並大抵のことではありませんが

 

ビットコインの使えるデビットカードや

仮想通貨版のFXなど

今まで世の中にあったサービスの

進化版みたいなイメージで

 

今あるものを利用するのは

結構カンタンだったりします。

 

が、その反面、

嘘の情報や詐欺的な話が

多く飛び交っているのが実情です。

 

僕もこの関わり方を最初に選んだんですが

取り入れたもののいくつかは

損失を出したりして失敗もしてきました。

 

それでも僕は

 

フィンテックを絶好のチャンスと捉えて

早く収益をあげていきたい!という方は

この関わり方をすぐにしていくべきだと思います。

 

ただし、

信用できる情報源となる人を見つけて

その人がした失敗を

教えてもらってからにしてくださいね

 

③タイミングを見定めつつ見識を深めていく

これが一番危険な選択肢です。

 

自分に都合がいいタイミングなんて

そうそう簡単に来るもんじゃありません。

 

そのうち熱が冷めて

何もできなくなっちゃうのが

普通の人間なので。

 

とはいえ、

「まだ知識を増やしたい」とか

「もっと情報を仕入れたい」という人は

 

仮想通貨を題材にして

勉強していくことをオススメします。

 

『百聞は一見に如かず』というように

 

実際に使ってみて

初めてわかることって

めっちゃ多いです

 

特に仮想通貨となると

自分の大切な“お金”を投じているわけなので

 

当然、いろんなことに敏感になっていきます。

 

僕も実際にビットコインを買ってから

勉強のスピードが上がったり

情報収集網が広がっていったりしました。

 

 


いかがでしたか?

 

この3つ以外にも

「こういう関わり方をする!」と

決められればOKです!

 

大事なのは

情報収集だけで終わらないこと。

 

集めた情報は

しっかり処理して活用する。

 

こういう考えでセミナーにも

参加してもらえると嬉しいです(^^♪

この記事が気に入ったらシェアお願いします

メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です