『フィンテック』とは『ショートケーキ』のようなものである!

Pocket

『フィンテック』と聞くと

 

仮想通貨をイメージしたり

 

怪しげな投資話のことだと思ったり

 

という方があまりに多いなと感じています。

 

○○コインとか仮想通貨を薦める人が

フィンテックという言葉を使っていたり

 

ちょっと意地悪な人は

フィンテックを利用して

いっちょ儲けたろかぁ~って思ってたり

 

というように、どこかに偏った情報を見聞きするから

どうしてもそうなっちゃうんですよね

 

実際に僕も

最初にフィンテックを知ったのは

○○コインの投資話を聞いた時でしたから

 

フィンテック=仮想通貨とか怪しい投資

みたいなイメージをもっていたんです

 

ところが

 

そんな僕が『フィンテック』はスゴイ!と感じて、

こうやって事業にまでしたわけなんです。

 

そのあたりの理由を今後数回に分けて

書いていこうと思っています。

 

今日はその入口のお話を。。

 

そもそも

 

『仮想通貨』というものは

ショートケーキの『イチゴ』にあたります。

 

ショートケーキを構成する部分でも

一番の花形ポジションですね。

みんなに人気があってチヤホヤされます。

 

しかも、そのイチゴが「あまおう」だったら?

そりゃもう、甘くておいしいのは間違いないです^^

 

でも、そのイチゴだけを食べて

「このショートケーキうまい!」って言う人はいますか?

 

仮想通貨スゲーーーーー!!!

って言ってる人ってこんな感じなんです

 

『フィンテック』というのは

『ショートケーキ』のようなものであって

 

イチゴ、クリーム、スポンジなどが組み合わさって

ショートケーキになっているように

 

仮想通貨や新しい決済システム、ブロックチェーン技術などを組み合わせて

フィンテックになるんです。

 

仮想通貨が良い悪いではなくて、

フィンテックをもっと広く捉えてみてください。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

メッセージ・ご相談はこちら(必ず返信します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です